小川町小瀬田プロジェクト

小川町の小瀬田を舞台にした、自然景観の回復、農業の体験などを通したローカリゼーションの実践的な学びの活動記録。
Top
2月の青空カフェ~ジャガイモ植えよう!ネイチャーゲームで遊ぼう!
2011年 02月 27日 |
「雨」の予報もなんのその、晴れ男F氏のおかげか、とても良い天気に恵まれました。小川町の小瀬田には小鳥の声と除草のお手伝いをしているヤギの親子の声、足元の水路の音が聞こえます。この日集まったのは、おとな16名、小学生1名、幼児2名です。
午前中はジャガイモの種芋の植え付けです。最初に桑原さんからジャガイモのお話を聞きました。南米アンデスがふるさとのジャガイモは、普通の畑のように養分たっぷりの土壌だとかえって育ちが悪いのだとか。それが自然のサイクルとちょっと違うからなのかもしれません。
c0167329_741857.jpg
c0167329_7414488.jpg















とはいえ、今回植えつける畑は、休耕田だった所を新たに開墾した場所。大きな石がゴロゴロしているので、まずはみんなで石拾いから始めました。
c0167329_7442459.jpg

こ~んなに大きな石が!小さい子もがんばっています。
c0167329_7451893.jpg

種芋の準備に入る前に「私のジャガイモ」というアクティビティをしました。各自自分のジャガイモを手にとって、においをかいだり、よくさわったりして観察。
c0167329_7454264.jpg

2人組みになってリーダーの「大きい方のジャ~ガイモ!」という掛け声に合わせて互いに自分のジャガイモを出し合います。またペアを変えて、「芽の数が多い」「色が濃い」などとお題を変えて出し合います。同じように見えるジャガイモも、1つ1つに個性があるんですね。ゲームを通してみていくと、なんだかこの手の中のお芋がかわいく見えてきます。
c0167329_749948.jpg

さて、ジャガイモに愛着?がわいたところで種芋の準備です。ジャガイモを2つか3つに切ります。芽の位置を良く見て、芽を切ってしまわないように、注意深く 。このジャガイモを種芋とすると約10倍の収穫になるのだそうです。
c0167329_751035.jpg

できた種芋をいよいよ畑に植え付けます。目印を見ながら30cm間隔に切り口を下にして土に押さえつけるように置いていきます。
c0167329_7524858.jpg

こんな感じです。
c0167329_7534453.jpg

植えた芋と芋の間に肥料として鶏糞をひとつかみずつまいていきます。これが意外と人気の作業。フンというと嫌がる子が多いのになあ~。でもよく発酵しているので、まったく臭くないです。
c0167329_754498.jpg

その後を力自慢のパパ達がクワで土をかけていきました。自主的に作業を声をかけあい笑顔で進める皆さん。アレッさっき出会ったばかりの方々なのに。凄いチーム力です。午前の部が終了~。お疲れ様!これがけっこうな重労働でした。
c0167329_7553927.jpg

お昼ごはんは「青空カフェ」でおいし~いカレーをいただきました。ご飯は玄米。カレーは野菜とシナモンの香り。上に載った輪切りのニンジンが甘くておいしかった!
c0167329_756441.jpg

午後はネイチャーゲームです。このあたりにいそうな生きものは何だろう?「カエル」をテーマに取り上げました。
c0167329_7565641.jpg

スピーカーから流れる3種類のカエルの鳴き声を聞いて、<鳴きまね合唱団>のはじまりはじまり…。みんなカエルになりきって、懸命に鳴いて仲間を探します。もちろん人間語はご法度。この日は、ヤマアカガエル・トウキョウダルマガエル・シュレーゲルアオガエルになりました。中には間違えて違うグループへ行ってしまったカエルも!
c0167329_7575458.jpg

そのあと、桑原さんから「田んぼとカエル」のお話を聞きました。IMAGE|c0167329_759263.jpg|201103/17/29/|mid|1280|960#]
ここはヤマアカガエルが卵を産めるように、乾田になった田んぼの代わりに作った水路です。もうすぐオタマジャクシになるヤマアカガエルは、春先の田んぼの草の芽を食べてくれます。カエルになったら稲の害虫と呼ばれる虫たちを食べてくれます。もしカエルがいなくなったら…どうなるでしょうか。そして実際のヤマアカガエルの卵を見に行きましたヤマアカガエルはまだ寒い2月頃に山から降りてきて水辺に卵を産むのです。[#
c0167329_801350.jpg

水路に差し入れた桑原さんの手のひらには、卵からかえったばかりのおたまじゃくしが。真似て子ども達もそうっと手のひらを水の中に。桑原さんのお話を聞きながら子ども達を見守る大人達は優しい笑顔でした。みんなでたっぷり、のんびり、卵やドジョウ、ヨシノボリなども見ました。
c0167329_81163.jpg

最後に、午、k後イチで焚き火に仕掛けておいたジャガイモをみんなでフウフウ言いながら食べました。とっても甘かった~!このお芋は去年収穫したもの。夏には今日の植えたお芋が食べられるかなぁと思いをはせます。
c0167329_82756.jpg

いっぱい、土と太陽と生きものとふれあった1日でした。ジャガイモ、大きくなるといいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:2月27日(日)9:45~16:30
天候:晴れ
活動:じゃがいもの種芋の植え付け、ネイチャーゲーム
参加者:大人18名、小学生1名、幼児2名
     (桑原 衛&佳子、福嶋家族、若林親子、南親子、国木田、花岡、山崎、田川、藤田、岸、春日、渡邉、早川、
      三好 他お名前確認できなかった方表記できずごめんなさい)
報告:早川、渡邉
写真:早川
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
<< 玉葱畑にて農業のありかたをシェ... PageTop 2月の青空カフェ~ジャガイモ植... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon