人気ブログランキング |

小川町小瀬田プロジェクト

小川町の小瀬田を舞台にした、自然景観の回復、農業の体験などを通したローカリゼーションの実践的な学びの活動記録。
Top
人参の草取り&バイオガスプラント見学会
2011年 09月 01日 |
8月28日 
人参の草取り
バイオガスプラント見学会

晴れ。昨日までの雨天からうってかわって青い空。気温の高まりも予想される。

午前中は、那須からこられたご夫婦、良子ちゃんとそのお友達で角山のギャラリーの展示がてらこられた人達計11人でバイオガスプラントの裏手の畑へ。お盆のWS期間中、草に負けそうになっていた人参達が、その際の草取りと土寄せ、その後の雨も幸いしたのか遠目に見ても分かる程度にだいぶ大きくなっており、引き続きの除草と間引きがしやすくなっていた。
c0167329_15361120.jpg





お茶休憩の後は、見学会の足場を整えるためバイオガスプラントの周囲に砕石砂利を敷き詰め、踏み固める。原料投入用配管が既に収まり、それを埋め込むように砂利を押さえ込む。
大人数に備え、青空カフェもテントの日除けづくりに余念がない。

お昼は桑原家の野菜入りカレーライスを美味しく頂く。付け合わせの浅漬け胡瓜が涼を添える。

午後は、見学会参加者達を駅に手分けして迎えに行く。
遠くは熊本、岡山から、そして福島からも計50人余。
聞き覚えのあるひときわ通りの良い声がすると思ったらWS参加者のゆかちゃんが福島の仲間達を連れてやってきていた。

まずは桑原さん宅で座学。プラントの仕組み、今回のものは液肥が発酵槽上部に溜まる進化型であること、そして液肥利用のこと等、質問を交えながら。
プラントの中に入りたい人は順次入るが、その前に祝いの太鼓と踊を歌を地元・百姓ジャンベ隊に加え、件のゆかちゃん(アフリカンダンサーでもある)と、やはりWS参加者で地元・小笠原への便が欠航で思いがけず来られることになった緒環さんが太鼓で加わり、共鳴する発酵槽内は大いに盛り上がるが、外部ではその盛り上がりが半減されていたので外でもやればよかったねとしきり。


その後、稼働中の上横田のバイオガスプラントへ移動。ふうどの桜井薫さん(3.11以降、被災地へ太陽光パネルを届ける「つながりぬくもりプロジェクト」を実施中)と、3人いる生ゴミ投入者のうちのお2人栗山さんご夫婦が説明をしてくれる。投入の様子を実際に見せてくれ、発酵槽とガスパックの仕組み、液肥槽、その利用法。
例えば生ゴミの具合によって硫化水素のppmが非常に高くなることもあるが、その明くる日には全く下がっており安定している、というように出たガスから如何に効率的に硫化水素を取り除くか等の説明およびホンダと協同研究しているコージェネの仕組み等。


なお、WS中に製作したポリエチレンのバイオガスパックを発酵槽バックともども郡山から来ているゆかちゃん達にプレゼントすることになったが、見学会に備えて桑原さんが事前に上横田プラントから充填してきたバイオガスパックの中身を抜きがてら点火してみると明るいところでは淡い青色で見えにくいがちゃんと燃える。圧のかけ具合によって安定の調節が難しいが、瞬時に爆発するほどのエネルギーではないので軍事転用にはほど遠いと半ば冗談まじりの会話のやりとり。


今回は限られた時間で、参加者どうしの交流は限定されてしまったが、
福島からこられたグループは、除染について、そしてどこかへ移住できない人達は県や行政をあてにせず自分達で認識を深めていかなければならないこと等真剣に考えられていたし、直接お話はできず後で知ったのだが、福島の「市民による放射能測定」を実践されている人の姿もあったり、と顔ぶれは多彩でありまた予期せぬ(有縁の衆生の)ネットワークが、またも張り巡らされていることも実感した。
バイオガスプラントのシステム自体は桑原さんもご指摘されているようにまだまだ課題が多いものであることも確かかもしれないが、原料の調達が容易である点(毎日出るし尿、生ゴミも)で手が届きやすいものだし、そこから生み出される液体肥料は、農地再生において有機・慣行を問わず多くの農家もその効果を認めている通り可能性の高いものである。そして何より地球上に何億年も昔から存在する微生物の力をそのまま生かし、人間はちょっとだけ手助けしてあげるだけで、自然の摂理に叶っているということ。
これにチェルノブイリでも実践されている除染システムが加われば(原発事故によって逆に広まる羽目になるのは或る意味複雑でもあるが)福島を始め、土壌汚染にあえぐ全国の農地でもひっぱりだこととなる日もそう遠くはないのかもしれない。
今回の参加者の人達がそれぞれの地域に持ち帰って何らかの実践を生み出すきっかけになることを願っています。

報告:河野
<< 【ご案内】9月の援農&青空カフ... PageTop 【ご案内】8月の青空カフェ&バ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon