小川町小瀬田プロジェクト

小川町の小瀬田を舞台にした、自然景観の回復、農業の体験などを通したローカリゼーションの実践的な学びの活動記録。
Top
里山の笹刈りの片付け&青空カフェ
2013年 03月 24日 |
朝、桑原家の裏畑で、ピーマン苗の支柱と紐を取り除き、網に絡まった胡瓜の枯れたつるを除きました。
久しぶりのメンバー参加者もいて、近況などを話したり、ピーマンは、いつも食べている緑のピーマンより、熟して赤くなったピーマンの方が甘くて栄養があるから、私は好きだなどとピーマン談。胡瓜は、枯れると石灰化したみたいになるちょっとした発見をしながらの作業でした。

その後、小瀬田に移動しました。小瀬田では、刈り取ってある篠を、かき集める作業を行いました。雨が降れば、燃やす予定でしたが、晴れ女の三好さんがいて、曇り空からは、結局、雨粒は落ちず集める作業のみになりました。篠集めは、想像するより、体力、気力いりました。地面には、まだ強く根を張りわたしたとんがった株があり、刈り取った篠は、重く、硬く目に刺さったら大変、篠から出ている埃か(?)が舞って目や喉にきます。又、野ばらの棘も有るので、作業は、ハードで注意が必要でした。
c0167329_15111626.jpg




私は、作業しながら、やり易いやり方をあみ出したのが、ローリング方式で、一度、篠を細長く集めて筒状にして、その後、その筒状の束の周りに次に散らばったしのを巻き込みながら、転がすやり方です。かなり、大きな篠の塊ほ、波の様になります。一人では動かせなくなるので、周りの人に助けられながら、気持ち良くはかどった作業でした。篠は、海の波のようになり、大量のしのが巻き込まれていきました。幸い、男性の参加者がいて助けられました。

11時半ごろに昼食を食べて、自己紹介、近況報告をしました。
午後から篠との格闘の続きをして、ハードな作業に、皆、無言でしたが、声掛け合いながら、久しぶりに身体から汗が出て、暑くなりました。皆様、本当にお疲れさまでした。
c0167329_14401578.jpg

<笹をどけるとスミレの花が...>

c0167329_1441920.jpg

<タラも見事に..>

3時から、青空カフェを開きました。本日は、横川さんの山道具で入れた珈琲と高橋夫婦の春の 野草酵素ジュースが振舞われて、話が盛り上がりました。お菓子メニューは、黒豆きな粉の甘栗ボールとアーモンドトリュフを持ってきました。

本日のお土産は、鶏ガラ。ありがとうございました!桑原さんいわく、鶏ガラスープを取ったら、上に浮く黄色い油は、チキンオイルといってパン、野菜などに付けて食べるとよいそう。
c0167329_14384489.jpg

<鶏舎にはヒヨコがやってきていました>

帰宅は、桑原カーで、地ビール屋まで、送って頂き久しぶりにビールで乾杯しました。今回も参加の皆様、お疲れさまでした。

c0167329_1442310.jpg

<都内は満開の桜、小瀬田はまだ冬木立にほんのり山桜のピンクでした>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:2013年3月24日(日) 10:00~16:00 曇り
場所:桑原家畑、小瀬田
作業:ビーマンのツル外し、雑木林の刈った笹の片付け
参加者:泉さん姉妹3名、長倉さんと友人、高橋さん夫妻、北村さん一家3名、近藤さん、神谷さん、横川さん、桑原さん、花岡、三好
報告:花岡 
写真:三好
[PR]
<< 蜂箱の点検&おからをまく PageTop 味噌作り、豚の送り出し >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon