人気ブログランキング |

小川町小瀬田プロジェクト

小川町の小瀬田を舞台にした、自然景観の回復、農業の体験などを通したローカリゼーションの実践的な学びの活動記録。
Top
稲刈り、枝豆パーティ
2008年 10月 12日 |
c0167329_234065.jpgみんなで協力して、いろんな準備ができたおかげで、本当にいいパーティーができたと思います。なんだか、昨日の今日なのに、昨晩のことが夢のように思えてきます。それくらい、感動的な夜でした。夕方の東の風景も、十三夜の月も、夢のように美しかったですから。




●節気:二十四節気:寒露(かんろ/露が冷気によって凍りそうになるころ)
     七十二候:鴻雁来(かうがんきたる/雁が飛来し始める)
●天候:晴れ時々くもり
●参加者:加藤久人、トミ、Tsugawa、Kikuchi、トラちび、武ちゃん、まさお、Kamata、
       有光、Motomiya、Murata、Kotera、Osaki夫妻、Nakano、Kamiya、
       Kubota、Wakabayashi&でんでん(途中から)、Kurihara、ゲンジン&サト
         計:22人(内、子ども2人)
●活動概要
 ・稲刈り
 ・脱穀
c0167329_149566.jpg

 ・枝豆パーティ(枝豆、けんちんうどん、BBQ、和太鼓・ジャンベ・三線の演奏)
     地粉のうどんのけんちんうどん(豚汁うどん?)作り
c0167329_262350.jpg

     山間から、まるでスポットライトのように西日があたる
c0167329_1495464.jpg

     焚き火を囲んで
c0167329_1501771.jpg

●感想
 みんなで協力して、いろんな準備ができたおかげで、本当にいいパーティーができたと思います。数時間にわたって食材を切ったり、火を起こしたり、煙と熱さにめげずに焼き物をやっていただいたり、感謝です。
 キャンプファイヤーも最高でした。湿った薪で、着火までが大変でしたが、姿も美しく、よく燃えましたね。
 ジャンベと太鼓も最高でした。あんなに真っ暗な中で、月明かりとUFO(?)の影とで、神秘的な気持ちにも浸ることができました。
 桑原さんのところのお野菜とお味噌を使って、地粉のうどんのけんちんうどん(豚汁うどん?)もおいしかった。ぽったんお勧めのソーセージも!
 お酒も、混ぜものがないのが、あんなにいいものかと感心しました。たぶん、昨日一番飲んだのは僕だと思いますが、二日酔いもなく、元気です。雑穀バイツェン、最高でした。地ビール屋さんにも、あのワインを教えてくれ、取り寄せてくれたQちゃんにも感謝です。
 三線は、未熟さと酔いで指がからまり、でさんざんでしたが、また練習して、みなさまにお聞かせできる日を楽しみにしています(懲りてない・・・)。
 なんだか、昨日の今日なのに、昨晩のことが夢のように思えてきます。それくらい、感動的な夜でした。夕方の東の風景も、十三夜の月も、夢のように美しかったですから。
桑原さん、みなさん、本当にありがとうございました。
<記録:加藤久人、ゲンジン>
<< 稲刈り・脱穀 PageTop タマネギ畑の草取り、ダイコン・... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon