小川町小瀬田プロジェクト

小川町の小瀬田を舞台にした、自然景観の回復、農業の体験などを通したローカリゼーションの実践的な学びの活動記録。
Top
カテゴリ:活動報告( 151 )
|
|
2015年 10月 25日 |
10月25日 快晴 
二十四節気 霜降

暦どおりか、前日までのうららかさから打って変わり、真夜中から吹いた木枯らしで落葉がたくさん舞い散り、秋深まる小瀬田は抜けるような青空ながら風は強い。
予定していたよりも参加者が増えたので、稲を手刈りすることになる。
まずは、初心者のために桑原さんが稲刈り指南。稲の株元を握る際には、必ず親指を自分の体に向かって握ること、親指を外側に向けると鎌の刃が当たった時に見えないので、スパッと怪我をしかねない。

c0167329_15333573.jpg


つづきを読む
[PR]
2014年 09月 28日 |
c0167329_20261298.jpg

日曜日は空のきれいな秋らしい、気持ちの良い稲刈りになりました。
と言っても、稲を刈ったのは桑原さんの手押しの稲刈り機で、私たちは「はさ」を作り、束ねられた稲を「はさ」に掛ける作業をしただけでした。手押しの稲刈り機は20数年前からの機械だそうで、一周回ると調子が悪くなって止まり、桑原さんが直して一周して、また止まり、という具合でした。
でもそれが私たちの作業と同じ位のペースになり、機械に振り回されることなく、ゆったりと稲刈りを楽しむことが出来ました。

稲はまだ青いところが残っていましたが、はさに掛けてる間にも藁の部分から養分が下りて熟すそうです。
「はさ」は「はさ」が美しく出来ていれば安定性が高く、三角の支点がいびつであれば稲の重みや強風などで倒れてしまうそうです。これからは台風シーズン、私たちの「はさ」は大丈夫、であることを祈ります。

More
[PR]
2014年 09月 13日 |
c0167329_20581498.jpg

午前中、人参の草取り、そして午後は通算8回、今年4回目の生き物調査。

小さな人参の芽が出ていました。人参は芽を出てくれるか否かがひとつの関門。
丁寧に、人参のまわりの小さな草草をとっていきました。
草取りの労力が少しでもすくなく、また元気に育つ方法を、試行錯誤しています。

午後は今年四回目の生き物調査。
c0167329_20592297.jpg


More
[PR]
2014年 08月 09日 |
c0167329_11285284.jpg
昨日は午後、ほんの少しでしたが桑原家の前で、キャベツとレタスの種まきのお手伝いをしました。

種まき用のあながずらっと並んだシートに、土をいれ、
2から3粒づつ離して丁寧に入れて、種がかくれるくらいに土をかぶせる。
なかなか繊細な作業。

作業中ニワトリたちがにぎやかでのぞきにいくと、
なんだかピーピーと可愛い声で、姿は大人、表情と声はヒヨコの鶏たち。
あれれ...こんな時期にこんなに幼いのかなぁと思っていたら、
数ヶ月前にキツネに入られて沢山殺されてしまい、その後入った雛たちだそうです。
生き残りの6匹ほどはしっかり大人。そちらのたまごを帰りにいただきました。

また、鶏舎の横に、外飼いの鶏飼育場ができていました。
そういえば外でのびのび育てられるのをつくりたいと、
以前桑原さんはおっしゃっていましたが、いつのまにかここにもできていたんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:2014年8月9日(土) 14:30~16:30
天気:曇り&雨
作業:キャベツとレタス種まき
参加、報告:三好
[PR]
2013年 07月 27日 |
サクサク、と出来たか心配ですが、夢中になって草取りを楽しみました。天気はよかったし、道路に寝っ転がって渡る風を感じながらおしゃべりしたり、喉が乾いたらスモモをかじり、の充実した農作業でした。

田の苗も青々と育ち、周りの山の色が濃くなって夏を感じさせてくれます。上の田と下の田の間にはカボチャや大豆が植えられていました。この大豆が枝豆になり、お味噌の材料になる!!9月のカフェで「枝豆祭り」にしようかと桑原さんの話。楽しみです。

今回の草刈りは、田が栄養過多気味という判断で、何時もは邪魔になるコナギは残し、はびこって稲の育成を邪魔をする蓼を中心に取りました。桑原さんが草刈り機の歯を小型のものに変え、稲の間を刈り、私たちが稲と稲の間の蓼を取りました。

農作業はきりがなくあるから、自分が決めた範囲をやればいいです、と言われましたが、やはりきりがなくやり続けてしまいますね。

More
[PR]
2013年 05月 03日 |
筍掘りの予定がイノシシに先を越されて壊滅状態ということで、小瀬田の作業だけになりました。桑原さんが、「今、竹林の勢いが雑木林の木々を枯らしているが、イノシシが筍を食べるのが続けば、4~5年で竹が生えなくなり、竹林が無くなるのではないか」とのことでした。

今日は28日に作った苗箱を苗代に下ろす作業。小瀬田の小屋の前の田に三筋の苗床が出来ていて、そこを平にならし、苗箱を置いて行きました。苗箱はショックを与えないよう丁寧に運び、苗床から浮いたところがないよう平に置きます。田の中を歩く場所が細くて、バランスを要します。
c0167329_9334294.jpg


続きはこちら
[PR]
2013年 04月 07日 |
蜂箱の点検をしました。蜂箱をつくったり、蜂箱を遠まきにみたり、蜜を絞ったりをしたことはあったけれど、すっぽり網をかぶり、蜂がぎっしり詰まった活動中の箱の中をのぞくのははじめて。ちいさな箱の中に何層にもなった枠をおさめられていました。蜂たちはそこに見事に巣をつくりわいわいがやがやぎゅうきゅうずめで働いていました。
c0167329_18505493.jpg


続きはこちら
[PR]
2013年 03月 24日 |
朝、桑原家の裏畑で、ピーマン苗の支柱と紐を取り除き、網に絡まった胡瓜の枯れたつるを除きました。
久しぶりのメンバー参加者もいて、近況などを話したり、ピーマンは、いつも食べている緑のピーマンより、熟して赤くなったピーマンの方が甘くて栄養があるから、私は好きだなどとピーマン談。胡瓜は、枯れると石灰化したみたいになるちょっとした発見をしながらの作業でした。

その後、小瀬田に移動しました。小瀬田では、刈り取ってある篠を、かき集める作業を行いました。雨が降れば、燃やす予定でしたが、晴れ女の三好さんがいて、曇り空からは、結局、雨粒は落ちず集める作業のみになりました。篠集めは、想像するより、体力、気力いりました。地面には、まだ強く根を張りわたしたとんがった株があり、刈り取った篠は、重く、硬く目に刺さったら大変、篠から出ている埃か(?)が舞って目や喉にきます。又、野ばらの棘も有るので、作業は、ハードで注意が必要でした。
c0167329_15111626.jpg


→続きはこちら
[PR]
2012年 11月 25日 |
11月25日 晴天
大豆の収穫
小瀬田の新米を食べる

タマネギの定植が前日までに完了していたので、
本日の作業は桜並木の畑にてダイズの収穫。

c0167329_16484544.jpg

参加者が一畝ずつ担当し、すでに乾いて半ば立ち枯れたように生えているダイズを茎ごと一本一本、
普段はトマト等の添え棒に使っているアルミの棒を使って、
根の間に食い込ませて浮かすようにして軽く掘り上げつつ引き抜き、
根周りの土をよく払ってから数束ずつ畝上にまとめます。

c0167329_1655227.jpg


つづきはこちら
[PR]
2012年 11月 03日 |
c0167329_9251921.jpg3日の作業日、小川町も秋の晴天で空の青が近くも遠くもどこまでも青かった。比企郡の秋祭りはこの週末、あちこちであった様ですね。
紙飾りが花かんざしの如く飾り付けられた山車のポスターを小川駅で見つけました。都幾川では木の文化祭。今日4日は模擬棟上げがあったそうです。

さて、 桜並木そばの畑に小豆収穫へさやつきで大袋に4つほど収穫。開花が台風で遅れたり、茎がところどころ折れたりで、豆の熟し具合にだいぶばらつきがあったというお話‥だったかな。合っているかしら。

続きはこちら→
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon