人気ブログランキング |

小川町小瀬田プロジェクト

小川町の小瀬田を舞台にした、自然景観の回復、農業の体験などを通したローカリゼーションの実践的な学びの活動記録。
Top
<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 10月 26日 |
田の北側の水路に沿って、生き物達の冬の避難所として池を作ることに。こうしておくことで、様々な小動物や虫達が、用水路にすべて流されることなく住み着くことができ、田の生態系をより多様にすることになる。

続きはこちらから
2008年 10月 25日 |
まずは出荷のお手伝い。
コカブの泥を拭いて、風の丘ファーム(だったかな?)へ運びました。
風の丘ファームが共同出荷を担当しているそうです。
その後、桜並木に移動し、ねぎ畑の雑草取り。
そして昼食。
午後は紅芯大根や赤カブ、オオカブ畑で間引き。
オオカブは20cm間隔、その他は10cm間隔。
写真を撮る習慣がなくてありません。すいません。

続きはこちらから→
2008年 10月 22日 |
10月 田んぼの昆虫

続きはこちらから
2008年 10月 22日 |
10月12日 稲刈りにて

続きはこちらから
2008年 10月 22日 |
c0167329_0521193.jpg
c0167329_0483167.jpg
c0167329_0491554.jpg


続きはこちらから
2008年 10月 22日 |
小川町有機生産グループ
有畜複合で自給し循環農業をしています

<10月の出荷野菜>

続きはこちらから
2008年 10月 18日 |
今日は、桑原さん宅前の田んぼの稲刈り。棚田2つを稲刈り機(バインダー)で桑原さんが手際よく刈っていく。バインダーは、刈った稲を直径10cmくらいの束に自動で紐で結んでくれる。全て刈り終えたあと機械で脱穀をし、残ったワラ束を6~8つにまとめ、穂の部分をワラ数本で縛りつけ、風が通るように三角錐に立てていく。”ボッチ”というらしい。陽が西に沈みかけた頃ちょうど作業を終えた。丸坊主になった棚田に並ぶボッチは、懐かしい風景そのものに見えた。

続きはこちらから→
2008年 10月 12日 |
c0167329_234065.jpgみんなで協力して、いろんな準備ができたおかげで、本当にいいパーティーができたと思います。なんだか、昨日の今日なのに、昨晩のことが夢のように思えてきます。それくらい、感動的な夜でした。夕方の東の風景も、十三夜の月も、夢のように美しかったですから。

続きはこちらから→
2008年 10月 04日 |
爽やかな秋晴れの中、日中は少し暑いくらいの陽気。
桑原さん宅で枝豆出荷の手伝いをした後、場所を移動し、タマネギ畑の草取り、ライスセンターからの籾殻運び、ダイコン・カブ畑の土寄せ、小松菜の種まき、などを行いとっても盛りだくさんでした。その上、カラシナや栗、サツマイモ、枝豆をお土産にもらって上機嫌。帰りには、わらしべで美味しい料理と地ビールを堪能し大満足の一日でした。

続きはこちらから→
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon