小川町小瀬田プロジェクト

小川町の小瀬田を舞台にした、自然景観の回復、農業の体験などを通したローカリゼーションの実践的な学びの活動記録。
Top
2012年 09月 23日 |
厳しい残暑が続いていますが、夕刻は秋の虫の音色に包まれますね。
桑原さんからは
「田んぼは畦の草刈りもほぼ終わりいい景色になりました。いつもの明るい小瀬
田です。稲もいい感じで、稲とそれ以外の草の適当な居住まいがなんとなく出来ています。
いっぱい草が生えている割に稲が元気でたくさんもみを付けています」
と、田んぼの様子をうかがっています。

23日は小瀬田での稲刈りの予定です。
SRIで実施した桑原家そばの田んぼは、もう少し遅くの収穫になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○日時:2012年9月23日(日)10:00頃~16:00頃 (小雨決行)
○場所:小瀬田(西中学校わきのテニスコートの間の道奥に入ったところ駅からタクシーでも1000円程度)
○活動内容:稲刈り など
    雨天時は、ハウスでトマトの植え付けな、収穫したかぼちゃを磨いたり、
    雨がひどくなかったら、道路沿いの草刈りなど(場所は随時かわります)
○集合:9時40分 東武東上線・JR八高線「小川町駅」改札出て階段を降りたところ 
    または、小瀬田に直接
○参加費(活動支援費):500円(高校生以下無料)
○持ち物:汚れていい服や靴、着替え、帽子、軍手、タオル、昼食、飲みもの、
     日焼け止め、虫除け、状況によって雨具など

★青空カフェは山ちゃん担当。
 飲み物の他、今回はランチにタイ風グリーンカレー650円(予約制)も出します。

○申し込み:walking.sharing★gmail.com 三好 (★を@に変更してく
ださい)
*参加者名、小川町駅からの車の送迎の有無(送迎の車が対応できない場合は、駅
からタクシー相乗りの場合もあります。車でくる方で便乗OKという方はお知らせ
ください)、カレー予約の場合はその旨も
○当日緊急連絡先:山崎090-2157-6303 河野080-3017-9144 
[PR]
2012年 08月 26日 |
8月26日 農作業&青空カフェを行います。
今回のカフェ担当は花ちゃんです。
ぜひみなさんいらしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○日時:2012年8月26日(日)10:00頃~16:00頃 (小雨決行)
○場所:午前 桑原家そばの田んぼ(小川町笠原227 諏訪神社そば)
    午後 小瀬田(埼玉県比企郡小川町増尾 西中学校そば)
○活動内容:
 午前:SRI田んぼの出来具合を話し合い、秋野菜の種まき(白菜)、
    年明けの味噌作りのための大豆の世話
 午後:ゆっくり小瀬田でくつろぐ、散策など を予定
○集合:9時40分 東武東上線・JR八高線「小川町駅」改札出て階段を降りたところ
    または、桑原家(小川町笠原227 諏訪神社そば)
○参加費(活動支援費):500円(高校生以下無料)
○持ち物:汚れていい服や靴、着替え、帽子、軍手、タオル
     昼食、飲みもの、日焼け止め、虫除け、状況によって雨具など
○申し込み:ML発信またはwalking.sharing★gmail.com (★を@に変更してください)
※名前、参加者人数、小川町駅からの車の送迎の有無(送迎の車が対応できない場合は、
 駅からタクシー相乗りの場合もあります。車でくる方で便乗OKという方はご協力お願いします。
○当日緊急連絡先:花岡87aya10098789★ezweb.ne.jp tel.090-7596-8213 
           aya8710098789★i.softbank.jp tel.080-3557-1087
[PR]
2012年 07月 01日 |
6月10日の田植えでは、子どもたちが熱心に苗を運んでくれました。苗を植え
て、顔を上げると青空。気持ちのよい一日でした。それからから刻々と 日がめ
ぐっていますが、田んぼはどうなっているのでしょう。ホタルも飛びはじめました。

田植えから10日のうちに1度雑草をとり、またその後10日のうちに雑草をとり、
またその10日のうちに雑草をとり...と、3回きちんと雑草と りをすると、お米
のできはものすごく違うとのこと。そして雑草とりのタイミングを逃すとその後
の作業が格段に大変になります。

7月1日は、田んぼの草取り、ダイズの豆まき、道や水路の草刈り、午後にはムシ
博士の伊藤和貴さんと一緒に、オオムラサキの放蝶会タイムもあります。虫と向
き合うこと で、環境の変化を虫と向き合う中で生々しく体感している「バカボ
ン先生」伊藤さんの話は、いつも大笑い&考えさせられます。

ぜひみなさんぜひいらしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○日時:2012年7月1日(日)10:00頃?16:30頃 (小雨決行)
○場所:桑原家および小瀬田
○活動内容: 午前 田んぼの草取り(桑原家そば)
         午後 オオムラサキの放蝶会、ダイズ豆まき、草刈など(小瀬田)
          (雨天時は状況にあわせて動きます)
○集合:9時40分 東武東上線・JR八高線「小川町駅」改札出て階段を降りたところ
  または、桑原家(小川町笠原227 諏訪神社そば)
○参加費(活動支援費):500円(高校生以下無料)
○持ち物:帽子、タオル、汚れていい服、着替え、ぬれたり汚れたりしてよい靴、軍手、
  昼食、飲みもの、タオル、日焼け止め、状況によって雨具 など
 *田んぼの草取りは裸足でも可。足がデリケートな方は捨ててもいい靴下を重
ね履きする、長靴などで対応できます。
○申し込み:walking.sharing★gmail.com (★を@に変更してください)
※件名は「小瀬田申し込み7/1」としてください。
※名前、参加者人数、小川町駅からの車の送迎の有無(送迎の車が対応できない
場合は、駅からタクシー相乗りの場合もあります)。

当日緊急連絡先:三好 090-6132-7050 河野 080-3017-9144
[PR]
2012年 06月 10日 |
6月10日 笠原の田植え
天気はくもり時々晴れ。例年より涼し。

笠原は(古く信濃の国より勧請された)諏訪神社を鎮守とする集落である。
毎年、小瀬田でおこなわれてきた手による田植えだが、今年は、SRI農法という新規の試みをおこなうため、この笠原在の桑原家ーぶくぶく農園ーの眼前にある二枚の田圃にておこなわれた。

お諏訪さま境内の公民館を集合・休憩場所として、
桑原さんから、田植えの基本とSRI農法についての説明と指導から始まった。

c0167329_15502838.jpg


SRI農法については下記に詳しいが、

http://www14.plala.or.jp/Cuba/World08.htm


今回、笠原の田でおこなうやりかたと通常の水田との顕著な違いは、不耕起、間断灌水(田植え時に浅めに張り、その後水を切り、土にひびが入るくらいに乾いてきたら再び浅めに湛水、これを生育期間中繰り返す)、疎植である。

不耕起にすると土が固まりにくく、前作までの有機物の遺骸が土中に残り、結果として空気層が豊かになる。
水をほとんど張らないのは土壌の酸素欠乏と(水を張った時の嫌気性状態による)メタンガスの生成を防ぎ、イネの根張りが強く促進され、発根も盛んになる。
そして粗植によって各イネ稚苗の分けつを促し、結果、田一枚あたりの植え付け株数が少なくなるにも関わらず、分けつが通常より増すので一株当たりの稲穂が多くなり、反収も増えるというもの。
その収量は慣行農法や通常の有機農法に比べても格段に(時には倍以上)増えるという、資本の少ない零細農家にはうってつけのものであるため、発祥地のマダガスカルをはじめ、ネパール、インドネシア等コメを多く作るところで広がっている。

笠原の田 
c0167329_1525504.jpg
 

桑原さんより苗を丁寧に取り扱うようにとのお達し。
c0167329_15542029.jpg


まずは苗とり。根を切らないようにやさしく、土を取る感じで。
c0167329_15564152.jpg


苗は一本ずつ親指と人差し指で持ち、スっと上から
土へ挿すようにイネの株元の白い部分が5mmほど隠れるくらいに浅く植える。深くても浅過ぎてもいけない。土が少し固めのところは指で穴を開けてから植える。
桑原さんのお手本
c0167329_16153832.jpg


一列に横並びになり、かけ声とラインに合わせてスタート
c0167329_15305879.jpg


c0167329_1684737.jpg


このようにラインとバカ棒に合わせれば等間隔で植えられる
c0167329_1558628.jpg


水路でアメリカザリガニを見つけたぞ!
c0167329_1605447.jpg


午前中で一枚目の田の手植えを終え、
お昼は、ふんどし山ちゃんと花岡さんの青空カフェも。
c0167329_16595.jpg


子供達はサッカーをやったりウクレレを弾いたりにぎやかのうちに休憩もおわり、
境内で車座になり、原発再稼働断念祈願の太鼓の奉納後に自己紹介。
c0167329_1671074.jpg


もう一枚の田で午後の手植えが始まる。
c0167329_1623660.jpg


人数が少し減ったが無事終了。
c0167329_16113524.jpg


ときのこや(小川・都幾川の有機農家)による野菜直売もあり、ぶくぶく農園から、お土産にコリアンダー(香菜)、レモンバーム、シソ苗の提供があり、その後、桜並木の畑へ移動し、出来立てジャガイモを皆で掘ってお持ち帰り。
c0167329_1655952.jpg


楽しい一日となりました。
毎年のことながら、桑原さんのご指導のもと、不慣れな大勢の参加者も混乱少なく作業はつつがなく終えることができました。

動画(URLをカット&ペーストで再生可)
苗とり http://youtu.be/m8hnr3K-aiQ
田植え http://youtu.be/hNLlqcLNMiI

参加者(敬称略) 秋山、新井ひろこ・ようた、石山、板垣、今野、上田、内海、小針、近藤、櫻井、佐藤、佐藤瞳、高橋夫妻、田所、富永、花岡、広崎、福島家、三好、山崎、横川、若林真弓・奏・遙 
指導は、桑原さんと、長女のはなさん
写真 高橋稔 (2点のみ河野)
動画 若林
報告 河野
[PR]
2012年 05月 27日 |
小川町のバイオガスプラントでは、給食、一般家庭からの生ゴミをプラントに入
れて、液肥とバイオガスを生み出しています。
生ゴミといっても栄養がまだたっぷりある食材(特に給食の残飯は、捨てるのが
もったいないぐらい)を投入し続けることで、菌のバランスが崩れて奇 妙なに
おいが発生するということが起き、4月頭に対策作業をおこないました。
そんな中、人間が食べてもそのままいけるような食材をバイオガスプラントにそ
のまま投入し、さらに、栄養過多のトラブルがおきているのでは実に もったい
ないことではないかということで、登場したアイディアが「豚を飼おう!」で
す。バイオガスプラントそばに3頭の豚がやってくるようです。

今回はその豚小屋づくりを行いたいと思います。皆さんふるってご参加ください。

青空カフェは、[「サードエネルギーカンパニー」が出店します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○日時:2012年5月27日(日)10:00頃~16:00頃 
    *雨天の場合も状況をみながら何か作業を行います。
○場所:上横田バイオガスプラント
 (JA小川農産物直売所の下に広がる田んぼの中の木造平屋。隣接の白いビニー
ルハウスが目印)
○活動予定:豚小屋づくり  
○集合:9時30分 東武東上線・JR八高線「小川町駅」改札出て階段を降りたところ
○参加費(活動支援金):500円
○持ち物:汚れていい服、汚れてよい靴、軍手、タオル、帽子、昼食、飲みもの、タオ
ル、日焼け止め など
●申し込み:walkingsharing★gmail.com 三好直子
 名前、参加者人数、緊急連絡先(携帯など)、小川町駅からの車の送迎の有無を
お知らせ下さい。(状況によってタクシーでの相乗りで割り勘の場合もあることをご了承ください)

●当日の緊急連絡先: ℡.090-6132-7050  miyoshi.naoko@emnet.ne.jp 三好直子
 ★を@に変えて、送信お願い致します。
[PR]
2012年 04月 15日 |
今年は梅と桜が一緒に咲いていますね。小瀬田も春がめぐってきました。田んぼも紫、黄、ピンクとだんだんに色がくわわりはじめています。
4月の「農作業&青空カフェ」のご案内です。ぜひ、みなさんいらしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○日時:2012年4月15日(日)10:00頃~16:00頃 *雨天実施
○場所:小瀬田(埼玉県比企郡小川町増尾 西中学校そば)
○活動内容:稲の苗を育てるための苗箱に土を詰め
      田んぼの脇にある小さな水路の掃除。             
○集合:9時40分 東武東上線・JR八高線「小川町駅」改札出て階段を降りたところ
または、小瀬田に直接(西中学校わきのテニスコートの間の道奥に入ったところ
駅からタクシーでも1000円程度)
○現地への地図:小瀬田ブログ(http://koseda.exblog.jp) /右側カテゴリーの

「地図」をクリックしてください。
○参加費(活動支援金):500円(高校生以下無料)_
○持ち物:汚れていい服や靴、軍手、タオル、帽子、昼食、飲みもの、日焼け止
め など

*お茶とお菓子の青空カフェも出店します!
「農作業にぴったり」という依頼で焙煎していただく豆を使ったコーヒーや春ら
しい苺を使ったスイーツをご用意いたします。

●申し込み:walkingsharing+1★gmail.com三好直子
 名前、参加者人数、緊急連絡先(携帯など)、小川町駅からの車の送迎の有無を
お知らせ下さい。
 (状況によってタクシーでの相乗りで割り勘の場合もあることをご了承ください)
●当日の緊急連絡先:℡.090-6132-7050 pengywalk344705★ezweb.ne.jp 三好直子
 ※★を@に変えて、送信お願い致します。
[PR]
2012年 03月 11日 |
東日本大震災から1年。
3月11日の今日は、参加者10人弱で過ごしました。

→続きはこちら
[PR]
2011年 12月 23日 |
12/23の小瀬田午後からの活動で白菜縛り、麦踏み、カブ防寒シートはりを行いました。

続きはこちら→
[PR]
2011年 11月 27日 |
小瀬田の田んぼを囲む森は色づきそしてだんだんに葉っぱを落とす頃を迎えます。
今回の作業は森の下草を刈ったり、藁を片付けたり...
そして、ネイチャーゲームで、「小瀬田の秋」をみつけにいきましょう。
秋の味覚「焼き芋」も登場しますよ。心もからだも「ほっこり」あったまる一日になりますように。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:2011年11月27日(日)10:00~16:000頃 *小雨実施 
○場所:小瀬田(埼玉県比企郡小川町増尾 西中学校そば)
○活動内容(予定):午前 山の下草刈や藁の片付け 
             午後 ネイチャーゲーム「小瀬田の小さい秋を見つけよう」
○集合:9時40分 東武東上線・JR八高線「小川町駅」改札出て階段を降りたところ または、小瀬田に直接
(西中学校わきのテニスコートの間の道奥に入ったところ駅からタクシーでも千円前後)
○現地への地図:右側カテゴリーの「地図」をクリックしてください。
○参加費(活動支援金):500円(小学生以下100円)
○持ち物:汚れていい服、汚れてよい靴、軍手、タオル、帽子、飲みもの、カップ、お弁当 など。

*カフェも出店します。あたたかい飲み物やランチを出します。ランチは要予約です(600円前後)

*ネイチャーゲームは、1979年米国のナチュラリスト、ジョセフ・コーネル氏により発表された自然体験プログラムです。
ゲームを通して、自然の不思議や仕組みを学び、自然と自分が一体であることに気づくことを目的としています。
自然に関する特別な知識がなくても、豊かな自然の持つさまざまな表情を楽しめます。
今回は、埼玉県ネイチャーゲーム協会のメンバーが指導します。
http://www.naturegame.oe.jp/

●申し込み:下記の事項をお知らせください。
 ・参加者名(子どもの場合は年齢)、
 ・緊急連絡先(携帯など)、
 ・ランチの有無
 ・小川町駅からの車の送迎の有無をお知らせ下さい。
 (状況によって、タクシーでの相乗りで、送迎車に乗れた人も含めて割り勘にします)
 
 連絡先 miyoshinaoko-mail★memoad.jp 三好直子 ※★を@に変えて送信お願い致します。

●当日の緊急連絡先: ℡.090-6132-7050  pengywalk344705★ezweb.ne.jp 三好直子
[PR]
2011年 10月 29日 |
小瀬田プロジェクトでは、メーリングリストを使って、活動のお知らせのほか、
メンバー間でさまざまな情報の交換を行っています。

メーリングリストには、現在(2011/10)90名の方が登録しています。

メーリングリストへの登録を希望する方は、以下のアドレスまでご連絡ください。

miyoshinaoko-mail★memoad.jp  三好直子まで
(★を@にして送信してください)
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon